現代行政法を問う現代行政法を問う
小林博志
A5判 254頁
ISBN978-4-86031-166-7
価格本体3000円+税
発刊2021年7月

内容
 行政法の領域で重要な意義を有しながらも,学問・実務においてほとんど理論的な検討がなされていない問題を扱い,現代の行政法に新たな視点を提供する論文集。

目次
第1章 分村,分町及び分市と住民投票
第1節 合併と分町・分村
第2節 市町村合併,分村・分町と住民投票制度
第2章 経由機関の研究
第3章 許認可又は免許の更新
第4章 行政活動における台帳,名簿及び帳簿
第5章 裁決主義
第6章 不明所有者と裁定──土地所有者不明問題から

著者紹介(データは発刊当時)
小林 博志 (こばやし ひろし)
1950年,岡山県倉敷市に生まれる。早稲田大学大学院法学研究科博士後期課程単位取得退学,博士(法学,早稲田大学)大分大学教育学部教授,東洋大学法学部教授,東洋大学法科大学院教授を経て,東洋大学法科大学院長及び西南学院大学法学研究科長を歴任,2021年3月,西南学院大学法学部教授を退職。
カバー写真:小林聡・小林博志


ひとつ前のページに戻る トップへ戻る